チェックエンジン (警告灯) を ディアブロで!!

2014/11/04 未分類 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


 

 

メーターの左側に オレンジのエンジンのマークが点灯すると エンジン

 

ないしは トランスミッションなど なんだかのトラブルが発生した可能性を示します。

 

 

通常は ディーラーまたは 販売店でコンピューターによる診断 修理 消込が

 

必要です。 コンピューターでの診断費用も ディーラーなどでは 10000円前後

 

ですが。。。。

 

 

 

 

 

 

このスケルトンの おもちゃっぽいディアブロスポーツ プレデターでも

 

エンジンの診断 エラーの消込が可能です。

 

 

まず 足元の ODB2 車のコンピューターより信号を出している部分

 

ソケット式なので そこにプレデターからのソケットを差し込みます。

 

 

 

 

差し込んだ状態で プレデターには電源が入ります。

 

差し込んだら キーは エンジンはスターとしないで ONの状態までにします。

 

 

 

 

画面は ディアブロのロゴなどが表示された後 この状態になります。

 

下の カーソル( ↓ ) で 2番目

 

Diabnostics (診断)

 

を チョイス 真ん中の 〇 エンターを押します。

 

 

 

 

再び エンターで進むと

 

Trouble Codes  (トラブルコード)と出ますので エンター(○)で選択。

 

 

 

 

すると チェックエンジンの点灯の原因が表示されます。

 

 

 

P0700 Transmission  (トランスミッション) 異常!!

 

 

 

 

もう一度 エンターで コード番号および 詳しい内容が出ます。

 

P0700 Transumission Control System

 

(トランスミッション コントロールシステム) 異常

 

と 表示されます。

 

 

何か 走行中に思い当たる事を思い出していると。。。。。。  :roll:

 

 

 

昨日 ホイルスピンをさせ エンジン回転数を  6500rpmあたりまで回していました。

 

その時 コンピューターが 異常です トランスミッションへの負担が大きいです。

 

と 勝手に判断 走行中(Dレンジ)であってもトランスいミッションを 一旦ニュートラル

 

にしてしまいます。  それが 今回のエラーコード P0700 そんなことがありましたよ。

 

と コンピューターに残っていて 車の状態を知ることができるのです。

 

ちなみに ニュートラルになった際は あわてず車を止め シフトを Pレンジに入れて

 

エンジンをかけなおすと 元の状態に戻ります。          :-)

 

 

 

 

 

 

原因も解ったことですので Clear trouble code (トラブルコード削除)を 押しまます。

 

 

 

 

後は 左上 ESC エスケープ (戻る) を押して一番最初の画面に戻れば終了です。

 

 

 

 

 

そして ソケットを外し エンジンスタート!!

 

チャックエンジンのマークは消えてます。   (作業終了) です。  :hammer:

 

 

 

 

logo&logo_type_14.jpg    main_img_4.jpg

 

http://www.diablosport.jp/

 

 

 

 

ディアブロ スポーツ プレデター に関してもお気軽にお問合せください。

 

アメ車のほとんどの車に対応しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



▲上に戻る