走りがスムーズに 

2011/01/10 GMNewsクライスラーフォード このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


 

 

 

 

 

 

キャデラック エスカレードに大径ホイールを履き替えたら どうもATのシフトタイミングが変わってしまい

少し乗りにくくなってしまったのですが 何か良い方法は??

との ご質問。

ディアブロプレデターで タイヤのサイズを設定してみました。

すると ほぼノーマルタイヤの時と同じシフトタイミングに変わり大径ホイールでもスムーズにキャデラックらしく

乗れるようになりました。

また その際に車のシステムもプレデターでチェック トランスミッションに関するエラーが何点か入っていました。

たぶん 大径のホイールはトランスミッションにも負荷がかかっているのでしょうね。

プレデターにて エラーを消込んどきます。

 

ディアブロ プレデターは これらの作業を簡単にご自分でもできます。

何度もエンジンチェックのランプが点灯 原因がわからず不安を抱えながらの走行

プレデターさえあれば 簡単にエンジンの診断も可能です。

 

 



▲上に戻る