ディアブロ プレデターを使ってさらに!!

2010/10/26 未分類 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


 

 

デイアブロで 300Cスーパーチャージャーを チューニング 中です。   :-)

 

300C スーパーチャージャー、 ピストンを交換して現在慣らし運転中ですが

 

2000rpm までで 下道を走行すると なんと 3~4km/L で 目で

 

分かるほど ガソリンが減っていきます。。。。 :cry:  

 

 

そこで 全体にガソリンを薄くして さらに 1000~3800rpm時の

 

ガソリンを 5% ほど薄くしてみます。      :-)

 

 

 

 

この中に 現在3種類ほど スーパーチャージャー用の

 

基本データーを保存しています。    

 

 

                                    

 

 

データーを確認 燃料の薄いバージョンを用意します。

 

今回 ノートパソコンも専用で購入 動きを良くしてやる為に

 

英語バージョンのウインドーズです。       :hammer:

 

 

 

                                    

 

 

ディアブロ を OBDⅡ に接続、 

 

コンピューターから ディアブロを同調させ動かします。   

 

 

 

 

まず 今までのデーターを保存 パソコンにファイルします。

 

 

 

 

次に 先ほど確認したファイルを 今度は Send Tune File To Tool

 

コンピューターから ディアブロにデーターを送ります。   

 

 

 

 

ディアブロにデーターが入った事を確認後 今度は300Cのデーターを

 

書き換えていきます。     :-o

 

 

 

 

その前にタイヤサイズなども変更しておきます。

 

 

 

 

そして今回 インストールする基本データーより 燃料は5%薄くします。

 

Lean が薄くで Rich が濃くの意味なので 右側表示を動かし 5%に設定。

 

 

 

 

データーを インストールしますか? で YESを押すと。。。。

 

 

 

 

データーの書き換え完了です。    :-D

 

 

                                  ディアブロをOBDⅡより外しエンジンをスタート。

 

 

 

:roll: :roll: :roll: :roll:

 

 

 

きゅるきゅる~~ 

 

 

 

 

燃料を少し薄くした事もあって アイドリングは最初少し高めですが、

 

補正がかかるので 少しアイドリングすると落ち着きます。

 

 

 

 

とりあえず 今日はここまでで 燃費の様子を見ようと思います。

 

 

 

 

 

次は ディアブロのデータービューで データーを確認 

 

燃料の濃さなどを確認しながら 安全に乗りるよう調整していきます。

 

ディアブロを使ってどんな事が出来るか? など お気軽に質問ください。 



▲上に戻る